本庄の歴史

本庄市は埼玉県の北西部に位置し、かつては中山道の宿場町として栄えました。この宿場町は本庄宿と呼ばれ、中山道において最大の規模だったといわれています。隣接する自治体は、深谷市や児玉郡、また群馬県伊勢崎市などで本庄市の北部には利根川が流れています。またこの利根川の周りには畑が広がっており、さまざまな野菜を栽培しています。しかしこの畑が広がっていることで風をさえぎる建物などがなく、秋から冬にかけては比較的強風に見舞われる日が多くなっています。それでも、これをのぞけば本庄は、埼玉県内でも安定した気候を保っている土地であるといえます。同じ埼玉県内の熊谷市などに比べると、夏もそこまで気温が急激に上がることもなく、比較的過ごしやすい風土といえるでしょう。

 

本庄市の木にはモクセイが指定され、市の花にはツキミソウが指定されています。また本庄市役所は近代的な建物で、市民の憩いの場としての一面も持っています。さらに本庄市を流れる利根川には、坂東大橋が架かり主要な交通網の一部となっています。またこのほか市内にはJR高崎線と上越新幹線が通り、関越自動車道が東西に横断する形で通っています。このような主要な路線がいくつか通っているので交通に不便さはなく、都心へのアクセスもよいことから、人口は比較的安定しています。

 

気候も安定し、交通アクセスもよい本庄市。これらのことから推察できるように、本庄市は「暮らしやすい街」といえるのではないでしょうか。


本庄の自然

本庄には自然のみどころがたくさんあり、季節によってさまざまな表情を見せてくれます。まずは「あじさいの小路」と呼ばれている場所です。ここは榎峠の林道約3キロに渡り、5千本ものあじさいの苗木が植えられている場所です。この道は麓から山頂まで続き、6月も中旬になるとたくさんのあじさいが咲き乱れます。このあじさいは、本庄の地元の有志の人たちにより植えられました。毎年だいたい8月頃まで楽しめるこのあじさいは、埼玉県内だけでなく、他の地域からもたくさんの見物客が訪れ、見る者の目を楽しませています。またこの「あじさいの小路」の途中には「ごっくん水」と呼ばれる湧水があります。かわいらしいネーミングですが、この水を大切にしないと「極苦運水」と呼ばれ、何か戒めが訪れると言われています。このごっくん水は、あじさいの小路を行く人々に癒しと潤いを与え続けています。

 

さらに児玉駅からタクシーで約10分のところにある長泉寺にあるのが「骨波田の藤」です。本堂の左右ふたつに藤棚があり、埼玉県の天然記念物に指定されています。この藤の樹齢は相当なもので、5月の上旬から中旬にかけて色鮮やかな花房を楽しむことができ、本庄の名所となっています。

 

首都圏において、これだけの自然が見られる場所は少しずつ失われつつありますが、本庄は自然を大切にしながら発展している街といえるでしょう。このように本庄には自然があふれ、それぞれの最盛期になると多くの人が訪れて自然が生み出した景色を楽しんでいます。


本庄で遊ぶなら

春ならこだま千本桜はいかがでしょうか。約1100本の桜が咲いてとても綺麗です。お子さんといっしょなら城山公園もおすすめです。
本庄総合公園には様々な種類の遊具があって子供から大人まで1日たっぷり遊べます。
もし男性なら実は風俗でも遊べますよ。埼玉デリヘルの中でも本庄デリヘルはレベルが高いという話ですので、一度経験してみるのも面白いかもしれません。


本庄まちの駅

本庄市ではよりよい地域づくりの一環として、まちの駅の設置に積極的に取り組んでいます。まちの駅とは、誰でも気軽に立ち寄ることができ、無料で休憩ができたりトイレを借りられたりするという場所を設置して、地域の憩いの場にしようという取り組みです。まちの駅は本庄市内の商店街を中心に点在し、スーパーマーケットや町のパン屋さん、中には不動産会社などもまちの駅に名を連ねています。これらのまちの駅には、本庄に詳しい案内人がおり、観光スポットや名所などを親切に案内してくれます。地元の名物やおみやげ品、また地元の人しか知らないような穴場スポットも教えてくれるので、観光客や、本庄を初めて訪れる人にとってはとてもありがたい存在といえます。

 

また観光客の対応だけでなく、地域のコミュニティの場所としても有効利用されています。地域の連携を深めたり、ネットワークを構築する上で非常に役立っており、まちの駅同士が密にやり取りすることで、よりよいおもてなしや新しい観光資源の発掘にもつながっています。さらに地元のお年寄りなどにも重宝され、地元の人たち同士の交流の場としても活躍しています。歩き疲れて少し足を休ませたい、子どもが急にトイレに行きたいと言い出した時など、まちの駅は人々を温かく迎える場所としておおいに活躍しています。

 

まちの駅は、地元内外問わず多くの人の安らぎスポットとして、本庄市内にどんどん増えています。こうした取り組みをしている本庄市は、「人にあたたかい街」といえるのではないでしょうか。